Aichi Construction Association Pension Fund

愛知県建設業企業年金基金

メニュー

基金加入のご案内

愛知県建設業企業年金基金とは

愛知県建設業企業年金基金は、愛知県内の建設関係企業で働く皆様のために、平成28年6月に設立した新しい企業年金基金です。加入している事業所は主に、愛知県土木研究会、愛知県建設業協会、愛知県建築技術研究会、愛知県農業土木研究会、愛知県舗装技術研究会の5団体に加盟している事業所です。

愛知県建設業企業年金基金の特色

特色1 特色2 特色3
事業主ごとにコースを選択できるため、異なる給付水準の設定が可能です。 加入者ごとの基金に関する標準報酬管理が不要で、事業所の事務負担が軽減できます。 毎年、10年国債応募者利回りの1年平均と5年平均のいずれか低いほうに基づき利息を付与します。

※0.0%(下限)から4.0%(上限)の範囲で変動する設計

事業主の方のメリット

基金に加入することで、事業主の方には様々なメリットがあります。

効率的な事前積み立て手段 給付原資を退職金(全部または一部)とする場合、事前積み立て手段として効率的です。
制度運営費用の効率化 複数企業の資金を一体で運用することで、スケールメリットを享受する一方で、諸報酬等の軽減を図れます。
負担額の平準化 月々の負担額の変動が少ないため、資金計画が立てやすくなります。
税制上のメリット 税制面で優遇措置の適用をうけることが可能です。掛金は損金に算入でき、運用報酬も非課税です。(特別法人税の課税凍結中)
業界の団結・共済体制の維持 同業者、同地域での事業所間連帯を維持することができます。
企業ステータス向上 公共工事を請け負う際の「経営事項審査制度」では、企業年金制度を導入していることが社会性等の評価加点項目です。

掛金のしくみ

基金の掛金は、事業所ごとに1人当たりの月額掛金を選択することができます。掛金額は3,000円~15,000円の範囲で1,000円ごとに選択が可能で全額を事業主が負担します。事業主の負担する掛金は税制面では損金として取り扱われます。また別途事務費掛金が1人当たり月額500円必要となります。

事業主負担(月額)表

支給額例

22歳から60歳まで38年加入した方の支給額例です。

※利回りは年2%で計算

加入手続き

基金に加入するために必要な書類やその他ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

地下鉄桜通線「高岳」駅1番出口より北へ徒歩5分
愛知県建設業企業年金基金
〒461-0001
名古屋市東区泉2丁目11番22号
愛知県土木会館内